「ほっ」と。キャンペーン

thaw

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いよいよですね〜

f0086185_1832557.jpgアップルストアーに『We'll be back soon. We are busy updating the store for you and will be
back shortly. 』のお知らせ・・
いよいよNewiMacが登場のようです・・。

今夜かな?
[PR]
by the-thaw | 2008-04-28 18:36 | mac

It is not an art !

f0086185_22144392.jpgDYING DOG AS ART?!?! Guillermo Vargas Habacuc!!!

Guillermo Habacuc Vargas ¿artista?
[PR]
by the-thaw | 2008-04-25 22:15 | emotional

花粉アレルギー・・

この数日の陽気・・何とも信じられないようなお天気が続く。
いっぺんに咲き乱れる桜やコブシ。暖かいのは結構なのだが・・

くしゃみ鼻水が止まらない・・。
まだ、時期的に花粉じゃないと思う。
暖かくなったせいなのか埃っぽくて、これが原因のような気がする。

まだそんなに酷くはないのだが・・
クシャミや咳をすると左胸に激痛が走る・・


先取末。什器を運んでいる時に、階段の上でバランスを崩し、什器と一緒に転げ落ちた。何とも不覚・・右足膝、左足腿、右腕、左胸を強打・・けっこう痛かったんです。
それでも、ケガらしい傷もなく放っておいたのですが。
3日位前から左胸が痛みだして・・咳やクシャミの度にズキッと痛む訳です。
10年以上昔に肋骨にヒビをいれた時と同じ症状・・
その上、今回は持病の頸椎が良くないらしい。多分気圧の変化が悪さをしているのか?
チョッとした姿勢の変化で左手の指がしびれる。&先月から始まった四十方・・泣きっ面に蜂とはこの事か・・あ〜もうアカン・・そんな気分です。

痛みにとっても弱い僕・・明日は病院へ行こう・・

花粉が舞い散る前に痛みが引くといいのだが・・泣)
[PR]
by the-thaw | 2008-04-23 15:16 | scribble

エンディング曲

f0086185_17444233.jpg久々に映画をレンタルする・・。
最近よくあるストーリーなのかな? 意外性を求めすぎるのか、超常現象だろうが超能力だろうが、売れりゃぁ何でもアリ的になっているような・・
映画『ジャケット』もその類いか? ストーリーはバタフライ・エフェクトに似た感じ。もうチョッとダークかな?

ただ、今回は映画というより、エンディング曲の紹介です。
映画ジャケットのエンディング曲『Quiet inside』Andy Tubman
これが中々良い。メロディアスなフレーズに消え入るような歌声・・

良かったらどうぞ


『THE JACKET』スリラー・サスペンス/製作年:2005年/アメリカ/監督:
ジョン・メイバリー/出演:エイドリアン・ブロディキーラ・ナイトレイストーリー
ストーリー:湾岸戦争の後遺症で記憶に障害を負ったジャケットは、殺人事件に巻き込まれたために、精神病院に入れられ、実験的治療を受ける事に・・
おすすめ度:☆☆☆

f0086185_1558593.jpgジム・キャリーの新しい境地? でもなぁ〜コメディの印象が強すぎて・・

『THE NUMBER 23』 スリラー・サスペンス/製作年:2007年/アメリカ/監督:ジョエル・シューマカー/出演:ジム・キャリー、ローガン・ラーマン、ダニー・ヒューストン
ストーリー
動物管理局に勤めるウォルターは妻アガサから「ナンバー23」という小説をプレゼントされた。試しに読んでみると、そこには過去の自分とそっくりの主人公の姿が。やがて「23」という数字に囚われていく小説の主人公。同様にウォルターも「23」の悪夢へと堕ちていき・・
おすすめ度:☆☆☆

映画の感想は人それぞれかと思うのですが・・
ただ、こちらもエンディングが良い・・なんと、デビッド・シルビアンが歌っています。エンディングで映画の印象をかえる程のシルビアンの歌声・・それはそれでどうかと思うけど・・
ちなみにデビッド・シルビアンと言えば『戦場のメリー・クリスマス』のエンディング曲でも有名ですよね。
[PR]
by the-thaw | 2008-04-23 13:48 | cinema

早朝ドライブ〜オロロンライン/浜益〜

f0086185_1844596.jpg

今回で3回目となる朝ドラは、オロロンラインを北上し浜益まで海岸線をドライブ。帰路は451号〜28号線〜275号線当別を抜けての山中を抜けるワインディング。約240Kmのコース。朝ドラとしてはロングコースとなりますね。
そして、今回より240エステートTACKのオーナーY氏も初参加・・より楽しいドライブとなりました。

それにしても、毎回の事ながら朝5時集合はキツいですねぇ〜。(言い出しっぺですが・・)まだ、朝日が昇ったばかりです・・苦笑)




f0086185_18514636.jpg

偶然にも3台とも93年式。
フロントだけを見ると解りません・・笑)




f0086185_1854208.jpgルームミラーに映る同じ車・・自分の車の後ろに同じ車がついてくるのは妙な感じですが・・笑)


f0086185_19385784.jpg信号待ちで現代のボルボ車と遭遇。計4台のボルボが同じ信号待ちになるのも親近感を覚えるものです。


f0086185_18581361.jpg石狩街道を走行途中で940エステートに遭遇・・いい感じです・笑)



f0086185_18594270.jpg231号線(オロロンライン)を厚田方面へ。気温が高いのか、地表に濃いガスがかかる。何とも幻想的な光景のなか車を走らせる。



f0086185_1955393.jpg浜益到着です。お天気も良く、とにかく暖かい。



f0086185_19195593.jpg浜益漁港から見えた灯台・・



f0086185_19204574.jpg2台での朝ドラも新鮮でしたが・・3台になると楽しさも倍増・・



f0086185_1923831.jpg紅葉? ウニ?
でも、かな君・・タコじゃありませんよ〜

これはヒトデです・・笑)



f0086185_19245118.jpg浜益から451号線に入るとすぐに見えてくる帽子のような山。この山を見るたびに映画『未知との遭遇』を思い出す。



f0086185_19264744.jpg軽快にコーナーを抜けるシュウさんのタック。思いのほか着いて行くのに難儀・・苦笑)

途中眠気が差すも、窓を開けると初夏のような空気が車内一杯に広がる。何とも好天に恵まれた朝ドラでした。


ところでYさんはプロのカメラマンだったりします。そんな訳で、先回りして僕らの走行を沢山激写してくれました・・あ〜やっぱり洗車をしておくんだった・・苦笑)
[PR]
by the-thaw | 2008-04-20 19:39 | volvo240

給油・・

ガソリンが安くなってから2度目の給油・・
今回は自宅からすぐの安ガソリン屋さんで117円/Lを・・
今までの価格は一体なんだった?位に安くなりましたよね。

運転状況:遠乗り0%/街乗り70%/超至近距離30%
夏タイヤ・エアコン使用0%・暖気運転10%
走行距離:360.Km/ガソリン:54.0L
平均燃費:約6.67Km/L

どうも、メーターが半分を過ぎた位から一気に減るような・・笑)
でも、冬タイヤを履いていた頃に比べると随分と良くなったかな?

20日は朝ドラ・・すごく楽しみなんだけど・・
起きるのがすごく不安・・爆)
[PR]
by the-thaw | 2008-04-15 10:00 | volvo240

またもや5/21w・・

ちょうど1年前と同じく・・左ブレーキランプが切れる・・
やはり、ボルちゃんの場合は予備消耗部品は必須アイテムです。
でも、なぜ左側なのかな? スペアタイヤが関係している?
去年買い置きしていた予備が今回切れたのでストックしなきゃな。

76,003km
[PR]
by the-thaw | 2008-04-06 17:22 | volvo240

ちょっとビックリ・・

f0086185_178321.jpgほぼ、環境設定も終了。新しいソフトには苦戦しておりますが、そのうちに慣れることでしょう。本日は今まで使っていたデータを、この新しい環境で観ることにしました。

167MB程の画像データが216枚入っているフォルダを一気にプレビューで閲覧。フランケンなら少しの間他の事に手をつける時間があるんだけど・・
本当に一気に画像が開いていくんですね。そして画像が鮮明です。今まで見落としていたような部分まで奇麗に再現してくれます。

ビックリするくらい早くて、そして、ちょっとショック・・

今までは画像の縦横を直し保存すると結構待たされるので、保存しないまま毎回修正していたけど、それもあっという間に・・もう別物のマシンなんですね。

それにしても、慣れると打ち込みが早いキーボド。
もっと早くに買い替えるとよかった?
[PR]
by the-thaw | 2008-04-04 17:21 | mac

Divergence..

f0086185_12534131.jpg僕らは道に迷う事がある。
『このまま進むべきか・・』 
あるいは『ここは曲がり角かもしれない』 
そして『分かれ道(分岐点)』 

分岐点は誰にでも訪れる。受け入れるか否か・・。ただ、分岐点に気付かずに通り過ぎてしまう事もある。立ち止まらずに過ぎてしまう事も・・。

むかし、知人がこんな事を言っていた。『やりたいか、やりたくないか・・』『出来るのか、出来ないのか』・・『人生なんてこの組合せしかない』彼はそう断言し、今やビルオーナーである。ビルオーナーになるのが幸せかどうかは別として、当時の僕にはグサッときた大人な考えだった。
『やりたくて、出来る』 『やりたいけど、出来ない』 『やりたくないけど、出来る』 『やりたくないし、出来もしない』 ただ、これは既に腹を決めている結論。ここまで気持ちを整理するのが一番考えどころだ。

1981年・・1983年・・1988年・・1992年・・2000年・・そして2008年。 僕にとって6度目の分岐点。

『やりたい』 『出来る』 『やりたくない』 『出来ない。』 四つの言葉の組合せ。

分岐点の前で自問自答し、腕を組んでいる僕です。
[PR]
by the-thaw | 2008-04-03 15:05 | emotional